こちら、カヨ研究所!

26歳女、カヨです。自分のことを研究するため、ブログ立ち上げました。2018年8月18日〜旅人!

生理中に『生理ちゃん』読んでみた。

ただ今、生理中!いて!


せっかくなので最近知ったこのマンガ、
アマゾンで仕入れて読んでみました!
生理ちゃん

生理ちゃん

生理ちゃん




〜感想〜

「生理のツラさを男性も知るべし!」
みたいな押し付けがましい感じのやつだったら嫌だな〜って、


正直、読む前はそんな期待してなかった。笑


でも違った〜\(^o^)/


マンガとして普通に面白かったよ!
まぁその結果として、男性も生理について知ることができるとは思う!いいね!



このマンガでは、主婦、コンビニ店員、女子高生など、いろんな登場人物の生理の様子が描かれてる。


生理は”生理ちゃん”というキャラクターとして登場し、


1ヶ月経つと、ピンポーン!って女性の元へとやってくる。笑


生理ちゃんの性格とか体格はその女性によってバラバラで、
(めっちゃマッチョで巨大な生理ちゃんもいる笑)


お腹パンチやら
催眠スプレーやら
食欲推進の注射やらで
攻撃してくる。笑


それでも生理ちゃんは、
なんか憎めないヤツ。


その女性と、生理ちゃんとの友情(?)みたいなのが、描かれていたりする。


すごいわかるなーって思ったよ!!!


私の生理ちゃんもけっこうスパルタだけど、なくてはならない馴染みの友って感じだもん。


もはや愛しくもある。笑
これね。


✳︎

そうそう!もう一つ大事なことがある!


このマンガには生理ちゃん以外のキャラもでてくるよ。


その名も…









性欲くん!!!




これがめっちゃ面白いし素晴らしいと思ったことなんだけど、


このマンガでは、女性の生理を擬人化してるだけでなく、


男性の性欲も擬人化しているのだ!
(生理ちゃんがメインなので登場回数は少ないけどね!笑)



めっちゃ面白い!!!笑笑

著者の小山健さんすごいね!

おすすめです!





そうそう私、「性」はめっちゃ大事だと思ってる。


ちなみにこんな記事も書いてるよん。



以上!カヨレポでした\(^o^)/

帰国!

ただ今、台湾の台北桃園空港!

台湾では念願の九份に行ってきた!



綺麗な写真はとれたけど、

正直言って写真で見るので十分だなと思った。笑

人多くて人に酔ってしまった。

でもまぁ行って満足したからよし!



✳︎

さて、数時間後にはもう日本に帰国します。


もうすぐ私の約1ヶ月間の旅が終わろうとしている。







NO—!
帰りたくない!!!

でもたまらなく納豆ご飯が食べたい!




それが今の正直な気持ちかな。



だって私まだ何も見つけてない。

これからのことについて。


会社辞めてまで旅に出たからには、

何かしら、つかみとろうとしていたんだね。



だから昨夜はちょっとグレてみた。



バーでお酒1杯飲んだ後、

生まれて初めて自分でタバコを買ってみた。笑

ま、私はハマりそうにないけど。
臭いから。

やってみたかっただけ。笑





でもさ、本当はわかってた。


1ヶ月海外で旅したくらいじゃ

人生を変える何か、

これから一生かけてやっていきたいことに出会うなんてことは、

なかなかないってことに。



それで、今はもう気づいてる。



何ヶ月でも何年でも、

たとえ地球のどこに行ったとしても、

それは同じだってことに。




今まで15カ国くらい旅してきたけど、

いつも感動する瞬間は外からじゃなくて

自分の内側からやってくる。





そう。

つまり。









世界は、自分なんだ。



私が、世界なんだ。









私はどこに行っても

私の世界をどこまでも運んでいくだけ。

それを各地で共鳴させるだけ。
(まぁそれが楽しいんだけどね!)


そんなことに気づきました(o^^o)



ちなみに私の名前はカヨだけど、

漢字は佳世って書く。


英語に訳すと

Beautiful Worldなんだ(o^^o)

気に入ってる。





日本に帰国してから具体的なことは、何も決めてない!


すぐ仕事を探すか。

また海外へ行くか。

違う場所に住んでみるか。

新しい勉強を始めるか。



でも、地球のどこにいても

何をしていても

私は私の世界を生きていく。


ということだけはわかってるんだ。




というわけで!
どうか私を、急かさず温かい目で応援してくれたら嬉しい\(^o^)/

では!

山ごもりはまだ早い

自然の中にしばらくこもって、
みっちりアーユルヴェーダしてもらった!

でも私にはそういうのはまだ早かったみたい。笑


アーユルヴェーダとは4000〜5000年前の北インドで生まれた伝統医療。


体のタイプに合ったオイルで色んなトリートメントをしてもらったり、
食事からも体を整えたりしていく。


古代インド語で「生命の科学」っていう意味らしいよ。


私は7泊したけど、
正直途中でもう俗世(その前にいたキャンディっていう街とか)に帰ろうかと思った。
7泊分先払いしちゃってたけど。


でも、トリートメントを受けた後はすっかりぐったりしちゃって(トリートメントのデトックス効果らしい)
帰りたくても帰る体力がなかった。


7泊終わってやっと山から出るってなって、街の喧騒を聞いた時は…



これこれ\(^o^)/


って思ったよ。笑


自然の中に響きわたる鳥たちの声と、
よく訓練されたスタッフと、
ボリューミーで定時にきっちり出される食事は、
最初はすっごい嬉しかった。



でもだんだん恋しくなってきた。








リアルで人間くさいものが!!!



鳥の声もいいけど、活気のある人間たちの声もやっぱ好きだ!!!


訓練されてるスタッフもいいけど、そのまんまのちょっと失礼な現地人も好きだ
!!!


規則正しい食事もいいけど、自分のお腹がっグーってなってから探すローカルフードが大好きなんだ〜〜〜!!!






だから街に戻ってその感覚が呼び戻ってすごく嬉しかった。


正直アーユルヴェーダの効果はわからないけど、


そういうのに気づけたことはすごくよかった!!!



ずっと人と一緒にいると
そういうこと忘れてしまうから。


私は人といるとすぐ1人なりたいとか思うから。


だから1人旅する。


でも1人でいると人恋しくなる。


誰かと一緒っていいな。


人の気配っていいなって思う。


人恋しさを思い出すために、私は1人旅するのかもな〜。


ま、もちろん自由が大好きってのもあるけどね!



ちなみに今は乗り換えでクアラルンプールにいます!
これから急きょ台湾へ!

お姫様になりたい!

ひとり旅で自分とずっと一緒にいるけど、一昨日くらいから私の中のリトル・カヨ達の声が大きく聞こえ出した。










お姫様になりたい!!!



おお、お姫様ですか…。


まぁ確かに旅に出てから
もっぱらワイルドローカル三昧だったからねぇ。


シャワーは無く川で髪を洗ったり

青空トイレだったり

高山病でボロボロになったり

photo by 佳子さん


ゴリゴリバスが山道でパンクしたり

あっちー中ひたすら自転車こいだり

地元民とお寺でもみくちゃになったり


ま、それはそれでめっちゃ楽しい!!冒険大好きだし!!



でもまぁリトル・カヨたちのリクエストにお応えして昨日はお姫様になりました。







街でサリー買っちゃったよ!
そして一目惚れした自然あふれるホテルに一泊した。



ホテルの人がいっぱい写真撮ってくれた!photo by マヒンドランさん


自然の中でお姫様気分とかやばい。


そして私が一目惚れした部屋はこちら!ほんとよだれ出るわ。自分の未来の部屋の参考にする!!!







冒険も楽しいけど、やっぱお姫様扱いはたまらんね。


演技でもいいからお姫様になりきると、
周りの人もお姫様扱いしてくれる。

優しい〜。ありがとう。
お金の力。笑


というわけで、リトル・カヨ達を全会一致で大満足させることに成功!


王子様はいないけど、
そこはお得意の妄想力でカバー。笑


でも正直、スリランカは1人旅するにはちょっとさみしいかも。


1人行動してる人ほぼいない。
観光客も、地元民も。


でも人懐っこいスリランカ人達は必ず話しかけてくれる。


ただ二言目には「何歳?結婚してる?」
と尋ねられる。
そこはほっとけよ!笑


私が思うに、スリランカは他のアジアに比べてまだ観光客が少ない。


英語も通じるか通じないか。(まぁ人と場所によるけど。)


外国人が珍しいみたいで、
あのクリックリの真っ黒な瞳で
真っ直ぐニコニコ見られるもん。


あと謎に一緒に写真とろ!って言われる。


公園歩いてるだけでセルフィー祭り始まる。
携帯番号を聞かれる。
フェイスブックを聞かれる。
まんざらでもない私。笑

お姫様気分、有名人気分を味わいたかったらスリランカに行ってみよ〜。


今日からはいよいよアーユルヴェーダ!しばらく山にこもります。

旅中に生理になること。

1ヶ月以上海外を旅するとなると、

女子が迎えることになるイベント。


そう。







生理です!




私にもついにこの時がやってまいりました。



ちなみに私は生理痛がかなり重い方で、

日本にいる時も必ず生理の時は安静にしてます。



予定を立てるにしろ何にしろ、




生理中心主義




で、やらせていただいております。



私は会社員時代に「生理中心主義」を確立しました。

生理痛我慢して会社でぶっ倒れて以来、生理を大切にすることにしたお話。


✳︎
それで今回、海外を旅するにあたって実は一番心配であり、楽しみであったのは生理かもしれない。


私にとって生理は月に一回、自分と向き合わせてくれるよき友です。



というわけで、生理なう。



実はお腹痛くなって、なんか嬉しくなった。



あ、これこれ。



みたいな。



海外では普段と違うものばかりで、新鮮で刺激的だけど、


ふと馴染みの友達が訪れてきたような感覚です。


今はスリランカのキャンディという所にあるホテルでゆっくりしてる。


私の場合、生理がなければ欲張って突っ走って色々やりすぎちゃうから、


生理は自分の身体をお休みさせる、よきタイミングです。


ふう。
ちょっと、落ち着こう〜。


みたいなね。

たまにはこういう日もよいものだ。



次の記事では、旅中に生理になった時の私なりの楽しみ方を書いてみるかな〜。




生理なら生理なりに楽しめる(o^^o)

チベット医学は甘くない!③

チベット医学を体験するために北インドのラダック地方へ行ったお話。

①②の続きでラストもういっちょ!


今回チベット伝統医(アムチ)に密着して思い知ったことは、


アムチは甘くない!

ということでした。


チベット医学って聞くと私はなんか魅力的なイメージを持ってて、


それだけでツアーに参加したけど、


実際、アムチはんぱなくハードだわ。


体力的にも、精神的にも。



チベット医学は、ただ薬草作るだけじゃない。


大切なのは、チベット医学はチベット仏教がベースになってる医学ということ。


チベット医学では、

①怒り
②無知
③欲望

が病気をつくると考えられている。


これはチベット仏教の考えに基づいていて、


チベット仏教ではこの3つを自分からなくすことで、


苦しみのない”神の世界”に行けるとされている。


チベット仏教をひろめたグルリンポチェ


だからチベット医学をするということは、


チベット仏教をするってことであり、


心の修行でもあるのだ!

(いかにアムチ自身も①怒り②無知③欲望をなくしていくかとかね。)


すげーなアムチ。


私にはできないや。


私はすぐ怒るし無知だし欲望もあるからね〜\(^o^)/


私はまだまだ俗世で生きてゆくぞ。笑


そんなことを感じたツアーでした。


ちゃんちゃん。



✳︎

〜番外編〜
ツアー最終日に、ラダックで開かれた謎の会議で急きょアムチについて発表することに。


Photo by 佳子さん

このブログで書いたようなことを包み隠さず発表しました。笑

私のカンペ

チベット医学レポ完♡

チベット医学は甘くない!②

チベット医学を体験するために北インドのラダック地方へ行ったお話。
①の続きです。
http://kayoken.hatenablog.com/entry/2018/08/25/215210


さて、標高5300メートルの山で薬草をとってきた後の薬作りも大変です。


翌日、チベット医学の伝統医(アムチ)が実際に薬草を薬にする所を見せてくれました。


薬草ネリネリ…なんて私が想像していた甘いものではなく、

草や実などを粉になるまで、ひたすら石臼と岩を使って手でひくのです!


ゴリゴリ+ハァハァ×10000000000


みたいな感じ!


見よ!この見事な腕筋!


粉になった後も、乾燥させたり、違う薬を混ぜたりと、さらに何かと手間がかかるみたいです。


実際に今回アムチの薬草作りを見て、そりゃ効きそうだわなーと思いました。


そりゃアムチの魂のカケラみたいなものが入っちゃうでしょ。


できた薬はアムチの結晶みたいな感じだわね。


ちなみに私も処方してもらった!


アムチは私の脈を測って、舌や目を見て、いくつか質問しました。


たくさんある薬棚の中から…


これを処方していただきました!

便秘だったから便秘の薬!


うん
たぶん効いたかな。

③に続く。